2008年04月04日

朝起きたら152cmの女の子になってた日U

寝ぼけ眼 こすりながら トイレに入った
いつもどおりの 作法で
空振りする右手に 目を見開く 覗きこむ
えええええええええええええええ

叫ぶ声が甲高い 鏡がいつもの高さじゃない
これはなんだこれはなんだ どうしちゃったんだ俺

っていうか 体だけ女の子
っていうか 152センチ
っていうか やっぱりブサイク
っていうか 前途多難すぎ

きっと夢だな夢 そういうことにしといてくれと2度寝した


素敵な曲はoovさんのブログへ。


うん、なんか安価を踏んだんだね。
踏み逃げするのもどうかと思って、勢いで自棄になって書いたんだね。

おいらそんなに身長でかくないから152センチになってもあんまりかわらんのだけれども、でもやっぱり縮むのはやだね。
ていうか180センチくらいほしかったよ、うん。でも親も小さいからムリだね。

……まさか100曲目がこれになるとは思いもよらず、でも歌詞のアレさをカバーして余りある素敵な曲を作ってくださっていてなんだか申し訳ないとしか言いようが無い。

基本的に自棄になって書いたので、というか私が書くものはあまり曲を想定していなかったりすることも多いので、最後の1行は曲にはならんかった模様。サーセン。

どうでもいいけど、女の子になったら可愛くなれるなんてのは、元々が綺麗な顔をしている奴の考えることで、そうでない人間は性別が変わろうとブサメンだと思うんだ。
あぁ夢が無い、夢が無いねぇ。

「……こ、これが私?」的劇的なシンデレラストーリーを書けたらよかったんだけどねぇ。
世の中そんなに甘くなかったのさー。
ていうかおいらがダメ過ぎだっつー話だが。
posted by 尽 at 19:42| 台北 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌詞(曲あり) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。