2007年08月13日

迎える日

青空褪せて淡くなり 雲が茜に染まる頃
頬当たる風涼やかに 浴衣の袂揺らします

あなたが迷ってしまわぬように 庭先おがらに火をつけましょう
白い煙が天高く舞い 鳴かぬ蛍が戻ってきます

あなたの声と鍵盤の 調べは夜空の闇に消え
使わぬ下駄を胸に抱き そっとおかえりつぶやきます



素敵な曲を避難所GWスレ185さんに作っていただきました。
専用アップローダがメンテ中のため、外部アップローダを使っていらっしゃったので、一応こちらでデータを確保、うpさせていただきました。

(※作曲者の要望により非公開とさせていただきます)

オケも出してくださいました。オケはここから(現在リンク切れ)。

がぶりんこさんの素敵な歌声はここから。


昨日某氏に言わなくてもいいことを言ってしまったなぁと反省していたら、某氏から「死別・再会」なるファイルが届いた。
これが非常に泣けるピアノフレーズで、ふと気がついた。
「あぁ明日は迎え火の日だなぁ」と。
そのピアノフレーズをエンドレスで聴きながら、書いた。
いまでも新品のままの桐の下駄が実家の下駄箱の中に残っているだろうなぁと思いながら、書いた。
暗いにも程がある。
でも「いいよな、この時期だし、許してもらえるよな」なんて自分で言い訳しながら投下した。

誰にも曲をつけてもらえないものだと思っていた。
つかないだろうと思っていた。
つかなくてもいいと思っていた。

そしたら思いもよらずついた。

ピアノの弾き語りだった。
とても優しくて悲しい鍵盤の音と、大好きな声がそこから聴こえた。
ありがとうございます。
ありがとうございます。
ありがとうございます。


8/18追記:
思いもよらずオケを出してくださいました。ありがとうございます。
音域的に私には結構歌いやすい曲なので、いずれ歌ってみたいと思います。でもその前に夏が終わってしまいそうです。

更にがぶたんが歌ってくださいました。
がぶたんにとっては低いんじゃないかい? と思いつつ、私にとって大好きな声の人に歌っていただけるのは、本当に嬉しくて。
ありがとうございます。すごく嬉しかったです。


8/20追記:
お盆が終わったから歌えるかなぁと思って歌ってみた。
夏が終わる前に歌っておこうかと。
不肖の身でできることはこんなことしかないのが、申し訳なくもあるのだけれど。
父に届くといいなと思った。
にしても音痴なのは父譲りとはいえ、色々と打ちのめされることよ。
せっかくの素敵な曲を全然いかせていない歌唱力で、本当に申し訳ない。


posted by 尽 at 12:25| 台北 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 歌詞(曲あり) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いい詞だな、きっと尽さんの詞だろうな、曲がつくならピアノ曲かな、なんて思いつつ見てました。全部予想通りで、しかも凄く素敵な曲で。
尽さんの詞は、優しさやせつなさ、人を思う気持ちなどがにじみ出てくるんですよね。
いいものを見させていただき、また聞かせていただきました。ありがとうございました。
Posted by 音羽 at 2007年08月13日 13:36
むぁああああああああああああ!!!11
死にもの狂いで帰ってきた甲斐があった・・・(T▽T)ウレP
Posted by がぶり at 2007年08月13日 18:32
音羽さん
なんか、照れるなぁ。
私が書けるのは所詮4畳半の範囲だけです。
ちなみにこれは3行目から書き始めました。3,4書いて、1,2書いて、で、5,6を書いて、推敲かけて。
お盆の季節は多分いつもよりも、センチメンタルなものが書けるんじゃないかと思ったりしています。

でも、今回のは多分ひたすらに、作曲さんの力によるところが大きいと思いますよ。
ありがたいことです。

がぶたん
がぶたんの書き込みを見て、ようやく、私の詞につけてもらってよかったと、実感が湧きました。
ピアノ弾き語りだし。
とても素敵なものを書いて歌っていただけたなぁと。
いい子にしていると、誕生日にはちょっと早いけど、プレゼントをもらえるというのは、ありがたいことです。いや、勝手にそうこれは誕生日プレゼントだからいただいてもいいんだ! と思っただけですが。
真夏にサンタさんが来た気分かもしれませんねぇ。
Posted by 尽 at 2007年08月13日 21:12
ご無沙汰しております。
素敵な歌詞をありがとうございました。
以前お話していた曲よりもこちらの方が無理のない曲に
なりましたので、弾き語りにして唄いました。
ピアノや歌はいい感じにgdgdですけどね・・・。

そのうち来る誕生日の方もおめでとうございます。
Posted by GWスレ185 at 2007年08月14日 07:46
おかえりなさい、といってしまってもいいんでしょうか?
いえ、この詞の流れからいくと下手にそう言ってしまうと彼岸に渡っていかれそうで、それはそれで困ったなぁと思ってはいるのですが。
こちらこそ素敵な曲を本当にありがとうございました。とてもうれしかったです。曲も歌声も、やっぱり大好きです。

誕生日は明後日ですねぇ。こんなプレゼントをいただいてしまって、お返しが何にもできないのがちょっと心苦しいのですが、ありがとうございます。
Posted by 尽 at 2007年08月14日 14:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。