2009年09月03日

夏のおわり

手をつなぎ歩く長い坂道
少しずつ長くなる影ふたつ
手を離し歩く細い坂道
うつむいて蝉の抜け殻ひとつ

カタカタと走馬灯
ぎこちなく影写す
カタカタとセピア色
時止めて染めていく

振り向けば風が吹く
なにごともなく秋がくる
見上げれば天高く
なにごともない秋の空


素敵な曲は「作曲できる奴ちょっとにょんにょん」ブログへ。


言い訳
posted by 尽 at 16:25| 台北 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 歌詞(曲あり) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。